新着サイト - 更新サイト - 人気ランキング - キーワードランキング - おすすめサイト - 相互リンクサイト -
大分県に関係のある個人や企業が登録可能なホームページ検索エンジン 『大分県サーチ』
ホーム > 大分県の情報
  



<大分県>

 大分県(おおいたけん)は、九州地方の東部に位置する県です。
 温泉の源泉数と湧出量ともに全国一で、別府湾に面する別府温泉や県中央部に位置する由布院温泉は全国的に知名度が高くなっています。
 山地の占める割合が大きく、西部には九重連山、南部には祖母山・傾山がそびえています。平野部は大分市や中津市、佐伯市の周辺などの限られた地域に分布しています。
 豊後水道を挟んで四国地方に接していて、最狭部の豊予海峡の幅は10kmほどです。南部の日豊海岸にはリアス式海岸が発達しています。


<県名の由来>

 現在の大分県の名前は、古来から国府が置かれていた大分郡(おおきたのこほり)に由来しています。「おおいた」という読みは、「おおきた」が転訛したものだといわれています。
 さらに、大分郡の名の由来については、『豊後国風土記』によると、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされています。
 ですが実際の大分平野は広大とは言えないので、本来は狭くて入りくんだ地形に多くの田が造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとするのが最近の定説です。


 「Wikipedia」 大分県の項より




大分県のリンク集【大分県サーチ】は、地元大分の文化と個人ウェブサイトを応援しています。

Produced by Wajett Systems